2017年2月3日(金) 節分の日
● 紫雲山 中山寺 わが国最初の観音霊場 ●
北摂の地に、紫の雲がたなびくといわれる中山寺は、聖徳太子の創建によるわが国最初の観音霊場です。
草創以来、千四百年に及ぶ歴史をほこる中山寺は、多くの物語でかざられ、世に名高い謡曲「満仲」や、歌舞伎「菅原伝授手習鑑」は当山より創作されたとものです。中山寺は代々皇室の崇信もあつく、安産祈願本邦随一の霊場としても有名である。幕末、明治天皇御平産祈願のおんこともあって、いよいよ霊徳を高め、全国から大勢の参拝者で毎日賑わっております真言宗中山寺派の総本山で、西国三十三ケ国観音霊場の第24番札所としても知られてる。


節分について
今年は2月3日が節分です。節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいうのですが、特に立春が1年の初めと考えられる事から春の節分が最も重視されており、一般には単に「節分」といえば春の節分を指すものとなっています。
これは立春を新年と考えれば大晦日に相当する訳で、そのため前年の邪気を全て祓ってしまうための追儺(ついな)の行事が行われます。その代表が「豆まき」です。

鬼について
安達ケ原の鬼女(あだちがはらのきじょ)
福島県の安達ケ原に鬼女の伝説が伝わっています。
鬼女はこの地の一つ家に住んでいて、訪ねてきた旅人を取って食べていました。この物語は「黒塚」の名前でも知られています。ある日の夕暮れ、この地に東光坊裕慶という高僧とそのお供のお坊さん数人が訪れました。
「もし、たいへん申し訳ないのですが道に迷ってしまいました。一晩泊めて頂けませんでしょうか?」 すると家の中から出できた女は「申し訳ありませんが、私も女の一人暮らし。どこか他をあたって戴けませんでしょうか?」と言いました。
しかし裕慶は「我々は決して怪しいものではありません。比叡山の東光坊と申すものです。本当に雨風をしのげるだけでいいのです」といいます。すると女も折れて「ほんとうに何もできませんが」と言って、一行を家に招き入れました。
一行はほっとして中に入りましたが、本当に何もない家で、いろりの火もきえかかっていました。女は奥の部屋に引きこもっていましたが、お坊さんたちが寒さに震えていると出てきてこう言いました。
「火が消えかかって寒いでしょう。ほんとうに何もありませんが、せめて薪を取ってまいります。でも留守の間、奥の部屋を見ないでくださいね」
すると裕慶は「もちろん、女性の寝室をのぞいたりはしませんよ。お気を使わせて申し訳ありません。」
女は笑顔で微笑むと家の外にでていきました。
ところが女が出て行ってからしばらくすると、奥の部屋から風が吹いてきて、それとともになんとも嫌な臭いがしてきました。
裕慶たちは奥の部屋が気になりましたが、のぞかないでくれと言われています。我慢していましたが、女がなかなか戻ってこないので、とうとう障子を開けてみました。するとそこにはいくつもの人間の死体が積み重ねてありました。
びっくりした裕慶らは、このまま居たら自分たちも殺されるのではないかと思い、逃げ出しました。
その直後、女は戻ってきました。
女は奥の障子が開いていて、僧たちがいないので何が起きたのかを知りました。そして僧たちを追いかけていきました。
しかし僧たちは不案内な土地、女は勝手知っていますので、やがて僧たちに追いつきました。女は出刃包丁を握っています「お坊さん故に手は出さず、ただ泊めてあげようと思ったのに。このままあなたたちに逃げられたら私が人を殺して食べていることが村人に知られてしまいます。かくなる上はあなたたちを殺すしかありません。」

ここで裕慶は数珠を取り出し合掌すると、五大明王に祈りました。

「東に降三世明王、南に軍荼利明王、西に大威徳明王、北に金剛夜叉明王、中央に大日大聖不動明王」

そして真言を唱えますと、天より一筋の光が射し、女の姿がそれに包まれました。
「ああ、ありがたい。これでやっと上に行ける。死ぬに死ねなくなって久しうございました。人を殺さなければならない日々、ほんとうに辛うございました。ありがとうございます。」

女は裕慶に感謝の言葉を告げると昇天していきました。

豆まき
豆まきでは年男(その年のえとの生まれの男性)。或いは一家の主人が「福は内、鬼は外」といいながら煎った大豆をまき、みんな自分の年の数だけ豆を食べるとこれから1年病気にならないと言われています。
また妊婦のいる家庭ではこの豆を安産のお守りにします。もともと宮中の行事が一般家庭に普及したものとされますが、最近は大きな神社などで芸能人やスポーツ選手などを招いて豆まき大会をやっているケースも多いようです。
さて、この大豆ですが、硬いですね・・・硬いものというのは「木火土金水」の五行では「金」に属します。この大豆は最初煎ることによって火気にあてられ  「火剋金」の原理で剋された上に、「鬼は外」といって外にまかれて捨てられたり、「福は内」といってまかれてから人々に食べられたりして、要するに豆はみんな「やっつけられてしまいます」。
古来疫病や災厄というのも金気に属するものと考えられていました。ですから豆というのは実は鬼をやっつける道具でありながら実は鬼そのものでもあるわけで、豆まきというのは邪気を祓うとともに、「金」の気を剋することで「金剋木」で金気に剋されるはずの「木」の気、つまり春の気を助ける行事、つまり春を呼ぶ行事でもあるのです。
TOPに戻る